« 11月22日 | トップページ | 伸びる若手 »

2012-11-25

現実・期待

喪中であることを知らせる挨拶状が届くようになった。文面を拝見しながら、長命を全うされたことに感嘆しつつも、挨拶状の数が年々増えているのも寂しい現実である。

寒さが加わり、下着もシャッツも、その上に羽織るセーターもみんな長袖になった。まず下着を着、次にシャッツを着るとき下着の袖がめくれないよう指で押さえる。ところが右手の薬指の自由が最近利かなくなってきた。嘆かわしいことだがこれも現実。

今日は第4日曜日、パソコンクラブの例会がある。今日も出席者の半数以上を女性が占めた。フェロモンを沢山いただき、健康増進につなげることができればと期待が膨らむ。年末恒例の懇親会にも多数参加いただけるようなので、楽しみである。

« 11月22日 | トップページ | 伸びる若手 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実・期待:

« 11月22日 | トップページ | 伸びる若手 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ