« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013-01-31

PCと視力

数年前、左右の眼の白内障の手術をした。執刀は若い女医さんであったが、手術前「毎日1~2時間パソコンに向かっているけれども、眼に悪影響はないだろうか」と尋ねたところ、「影響はない」との答えであった。その後もパソコンは使い続けていて、視力が多少衰えたけれども、それは多分加齢のせいだろう。

先日、新聞の家庭欄に「PCメガネの効果」ついての記事があった。“青色光をカットするメガネが有効と話題になっているけれども、ブルーライトが人体に与える影響については、まだ予測の域を超えていないし、様々なデータを集めている段階”ということらしい。もちろん私はこのメガネを使っていない。

2013-01-30

先ず朝1番の仕事は、寒空の下新聞を取り込むことであり、それを読みながらお茶を飲み、1日が始まる。この朝茶を飲む習慣がいつ頃から始まったのか定かではないが、余程のことが起きない限り、これが崩れることはないと思う。掛川茶が「カテキンの作用でがんによい」とテレビで放送され、依頼消費が伸びたということだから、朝茶の習慣も悪いことではないだろう。

「お茶」が話題の先日の天声人語

“料理教室で、急須を「これは何ですか」と聴く受講生がいたり、幼稚園で若い母親が「お茶って自分の家で作れるんですか」と質問がでたことなどを知った。いつもペットボトルのお茶を飲んでいるので、「急須」も知らないし、「お茶をいれる」という言い方も知らないのだろう。おそらくは「粗茶ですが」とか「茶柱が立つ」といった言葉も知らないだろうし、日本の伝統文化を知らない子供が育つのは寂しい。” こんな内容だ。

2013-01-28

情報収集衛星

昨日、情報収集衛星がH2Aロケットで打ち上げられ、衛星は所定の軌道に投入された。これでH2Aロケットは連続16回、通算21回打ち上げに成功した。

この衛星は、地上1m程度の物体を見分けることができる事実上の偵察衛星で、約9000億円の費用と10年の歳月を費やして、ようやく日本の空の情報監視体制が整ったことになるという。

グローバル化が急速に進んでいる中、各国が競ってこうしたシステムの構築に力を注いでいるわけだが、各国が協力して開発し運用・利用すれば、そして費用もそれなりに分担すれば、負担する経費は大幅に少なくて済むと思うのだけれど。「それができるような世界環境なら、情報収集衛星など要らない!!」 そのとおりです。

2013-01-27

しもつかれ

古い新聞のスクラップを整理していたら、1992年1月27日の切り抜きが出てきた。丁度21年前の新聞で、この日は月曜日、長野県に単身赴任していた当時の新聞である。記事の内容は、私の故郷栃木県の郷土料理である「しもつかれ」に関するもの。記事にある「しもつかれの作り方」を見ながら、作って見ようと思い切り抜いたのか、ただ懐かしくて切り抜いたのか今となってはわからない。

2月の初午(はつうま)の日に作り、赤飯と共に藁苞(わらづと)に入れて、家や村のお稲荷さんに供える。7軒の家の「しもつかれ」を食べると中風にならないと伝えられ、よその家にもよばれに行く風習がある。

栃木では昔からお歳暮に新巻鮭を贈る習わしで、身は正月にかす汁にし、頭は保存しておいて2月にダイコン・ニンジン・節分の余り豆・酒粕などの余り物をたっぷり使って作るのが「しもつかれ」

こんな内容の記事が見える。生臭くて、好んで食べた記憶はない。いまでは「しもつかれ」を作る家は少数派であろう。

2013-01-26

2年生のかけ算

午後2時、公園の温度計は3℃であった。常連と思しき人たちは、強風の中首を引っ込めて歩いていたけれど、子供たちは元気に滑り台などで遊んでいた。梅園の紅梅、開花はぽつぽつ。

小学校で、「6人のお友だちに、1人5個ずつキャンディを上げたい。キャンディは何個必要ですか? 計算式と答えを書いてください」。 2年生の晴晴君は、

「6×5=30   答30個」  と答案用紙に書いて出した。しかし彼の得点は0点。何故?

教科書に、かけ算の式の順序は、「一つ分の数」×「いくつ分」とある。従ってこの場合 「6×5=30」ではなく、「5×6=30」、つまり1人分のキャンディの数「5」を前にしないとペケになる。普通に生活する上で、どうしても「一つ分の数」を前にして計算しなければならないことがあるのだろうか。 「6人の友だちに6個ずつキャンディを上げたい」といった風の問題を出してあげたい気がする。

2013-01-25

試算

アベノミックスでは物価上昇2%を目標にしている。物価が平均2%アップすると、それによって消費税による税収はどれ位増額するのだろうか? 試算することにした。

平成24年度、国の一般会計当初予算の中で消費税による収入は(国の消費税は4%)、10兆4230億円である。従って、1%当たりの消費税は2兆6058億円となる。国民は現在、地方税の1%と合わせ5%の消費税を払っているから、合計13兆0288億円の財政負担をしている。これだけの消費税を生みだす元となる商品の取引額は、260兆5760億円と計算される。つまり、年間約260兆円の取引があって、約13兆円の消費税を支払っている。

さて、目論見どおり2%物価が上昇すると、(取引の量は同じと仮定して)取引額が約5兆2100億円増え、消費税が自動的に年間約2605億円増える計算となる。藤枝市の年間予算は約430億円であるから、ほぼ6年分に相当する。賛否渦巻くアベノミックスはどのような結末を迎えるのだろうか。

2013-01-24

負の連鎖

タハリール広場・ホムス・イナメナス・ディアバル・・・・・耳慣れない地名がショッキングなニュースと共に突然出てきて、世界中を震撼させている。今も大きな影響を残している「アラブの春」は、エジプトのタハリール広場から始まった。シリア中部の町ホムスは、激しさを増すシリアの内戦で壊滅状態となり、昨年春には女性や子供たち47人の遺体が見つかったなどと報道された。

日本に大きなショックを与えたのが、アルジェリア東部の町イナメナスで、忘れることのできない地名となった。この人質事件は、アルジェリアに隣接するマリ中部の町ディアバルを、フランス軍が空爆したことにより誘発されたとみられている。

皮肉なことに、イスラム武装勢力が使っている武器の多くは、フランスのサルコジ前政権が、リビアの反体制派に与えたフランス製の武器という。アメリカをテロの標的としたオサマ・ビンラディンは殺害されたが、次を狙う司令官が現れテロが発生する。かような負の連鎖をどこかで断ち切ることはできないものなのだろうか。

2013-01-23

河野さーん!!

月刊誌中央公論に「妻を送る」と題するシリーズがあり、1月号に前自民党総裁の谷垣さん、松本サリン事件被害者河野義行さんの、近況などを綴った文が載っている。

現役時代勤めていた会社(辰野町)では、重量のある原料や梱包された1t以上もある製品などを運ぶため、荷役機械を多数使用していた。河野さんは当時このような荷役機械のセールスマンとして活躍していて、当社へも度々姿を見せ、資材購入の窓口の立場で親しく話をさせていただいた。肝心な機械の話よりも、カメラや写真・釣り・山登りなど話のタネは尽きず、河野さんが帰った後「あれ、河野さんは今日何の話があってきたのだろう」と考え直さなければならないようなこともあった。とにかく多方面に趣味を持っていて、いろいろと教えて貰ったのも遠い記憶となった。

現在鹿児島に移られ、講演や執筆活動に忙しい中、充実した日々を送っておられるようだ。久しぶりにお話を聴きたいと思うが、今では連絡の手段・方法もつかめず、連絡の取りようがない。

2013-01-22

御神渡り

この寒さなら、今年も絶対諏訪湖には「御神渡り」が現れるだろうと思っていたが、去年に続き今年も今朝出現したと報道された。地元では古くから、諏訪大社上社の男神が、対岸の下社の女神のもとに通った道筋とされているもので、湖面に張った氷が、昼夜の寒暖の差で膨張と収縮を繰り返し、結氷した湖面が筋状にせり上がる現象をいう。

「今年も豊年」の御宣託が下されたのではなかろうか。

2013-01-20

難読漢字

旧年暮れ、卓上カレンダーをプレゼントしますとの広告があったので応募した。そんなことはすっかり忘れていたが、今日そのカレンダーが届いた。印刷会社のものだったので期待もしていたけれど、現物はいささか期待外れであった。しかし、各ページに難読漢字が並んでいて参考になる。いくつかを拾い出してみる。

 頌春・橙・御神籤・漱・長閑・土筆・土竜・蒲公英・鼾・転寝・犇めく・蹄・蝸牛・泥濘・海月・海馬・海鼠・海栗・十六夜・芒・蟋蟀・竜胆・抽斗・旋風・鳩尾・踝・微酔

たつのおとしご・なまこ・うに・いざよい・すすき・こおろぎ・りんどう・ひきだし・つむじ・みぞおち・くるぶし・ほろよい・しょうしゅん・だいだい・おみくじ・うがい・のどか・つくし・もぐら・たんぽぽ・いびき・うたたね・ひしめく・ひづめ・かたつむり・ぬかるみ・くらげ

難読とは関係ないけれど、「舌先三寸」とは、「言葉は巧みだが心がこもらない話し方」をいう。では「長舌三寸」は?

「人前では調子のいいことをいい、陰では笑っていること」。間違っても「舌先三寸」や「長舌三寸」とならないよう注意が必要だ。

2013-01-19

蓮華寺池

何時もウオーキングで訪れている蓮華寺池は、江戸時代の初期、丁度400年前の1613年に造られた。市では「普請400年記念事業」を、年間を通じて実施するため多彩なイベントを企画中という。できるだけ多くのイベントに参加し楽しみたいと思っている。

蓮華寺池は、当時の地元3村が共同で、農業用ため池として造ったもので、周囲を含めた約29haが蓮華寺公園として整備された。池の周囲は約1.5km、面積は約4.8haあり、明治の初めには埋め立ててしまおうとの計画もあったが、地元庄屋の訴えや役人の英断で中止となった歴史があり、今では年間約120万人が訪れる憩いの場となっている。

家から池まで約1km、池を1周して1.5km、従って約3.5kmをほぼ毎日歩いている計算になるけれど、体力の続く限り続けたいと思っている。

2013-01-18

営業停止

昨日ウオーキングの帰り、スーパーもちづきに牛乳を買うため立ち寄った。いつもに比べ駐車場の車が多いなと思いながら入口に立つと、「18日で営業を停止します」との張り紙がしてある。これまでに何度か、客が少なくこれで店が成り立つのだろうかと思いながら買い物をしたことなどが頭に浮かんだ。店内に入るともう商品のなくなった棚も多く、多くの客が目当ての商品を探して右往左往している。

店員に話を聴くと、「私たちも営業停止の報告を受けたのは昨日(16日)のことで、とにかくポイントカードに残っているポイントを、店に残っている商品と18日までに交換し、使い切ってください。関連全店舗が停止です。」との説明であった。

高額で、近い将来必ず買う商品として「米」が浮かび、米の棚に向かうも棚は空っぽ、何れの客も考えることは同じだ。あきらめずにそうした商品を中心に残っていたポイント分の商品を探し求め店を出る。とらと、近くにスーパーがなくなりどうするかとか、スーパーの経営も楽ではないな、などと話しながら帰宅した。今朝の新聞によると、別のスーパーが店を引き継ぎ営業するとの記事があった。

2013-01-17

メトロ

1863年1月10日、丁度150年前に世界で初めての地下鉄が、ロンドンのパディント~ファリントン間の約6kmで開通した。「チューブ」の愛称で親しまれているこの地下鉄、現在は総延長が400km余に伸び、年間12億人が利用している。ロンドンでは、150周年の記念切手やコインが発売され、地下鉄路線をSLが走ってロンドンっ子を喜ばしたりしたそうだ。

東洋初の地下鉄が浅草~上野間2.2kmに開業したのは、ロンドンに遅れること65年、1927年12月30日であった。開業初日は午前6時の始発から乗客が殺到、乗車時間は5分足らずなのに待ち時間は2時間を超え、1両編成の列車が往復して延べ4万人が乗ったという。現在メトロの営業距離は304km、1日の乗客数は850万人に膨れ上がっている。

Img_0530

これは2001年夏、モスクワを訪れたとき乗った地下鉄のホーム。(駅名は記憶にない)モスクワ地下鉄の駅の建築、装飾の豪華さは有名であり、観光客向けにツアーが組まれている。最初に開通したのは1935年5月、営業距離は292kmである。

2013-01-16

空の旅

寒い冬の朝、息を吐くと白く見える。天高く見える飛行機雲もこれと同じ現象だ。

最新鋭旅客機B787が運行を始めてまだ間もないけれども、燃料漏れなどの事故が起きている。今朝も全日空のB787機内で煙が発生し、高松空港に緊急着陸した。520人の犠牲者を出した日航ジャンボ機事故は1985年に起きた。日航だけで一時80機もあったジャンボ機(B747)だけれど、現在国内で飛んでいるジャンボ機は5機だけという。新鋭機に替っても煙が出たりしては困る。とにかく早く安心して空の旅ができるよう、体勢を整えてほしいと思う。

先を行くアメリカのスケールド・コンポジッツ社では、8人乗りの宇宙船を開発中で、近々一般の人の宇宙の旅も実現しそうだ。この宇宙船は高度約15kmまで航空機で運び、切り離された後ロケットエンジンに点火、高度110kmまで上昇してから滑空しながら地上へ帰還する。この宇宙の旅、飛行時間は約2時間半、料金は20万$だそうだ。

2013-01-15

大安とか仏滅とかが表示されたカレンダーは減ってきているけれども、結婚式などはやはり大安吉日に行われることが多いのではなかろうか。暦の上で「大安」はどのようにして決められるのか? その計算方法を知ると、大安がなぜ吉日なのか疑問がわく。

ある会合でこんな話をしてら、計算の方法はどうであれ、大安は「吉日」なのだから大いに積極的に、仏滅は「全てが空」なのだから心穏やかに過ごす、それはそれで夢がありいいではないかということになった。

「夢」の解釈がいささか違う、眠っていて見る夢のこと。老化と共に意味不明で乱脈な夢や、唐突な人物が現れたり、下手なゴルフでパートナーに迷惑をかけている夢などが多くなった。トイレを探す夢もあるが、これは膀胱が膨張すると、交換神経が刺激されて睡眠が浅くなり、トイレに行きたいという体からのサインが夢に投影されるためという。

夢を見ることの多い浅い睡眠中は、脳内で嫌悪的なことを監視する「扁桃体」が活発になるため、夢の内容も悪い事柄が多くなる。楽しい夢を見たいと思うときは、寝る前に楽しい夢の続きを思い浮かべながら自分に暗示をかけると効果があるそうだ。また、浅い眠りの時間を少しでも短くする工夫も必要なように思う。

2013-01-14

オリンピック開催地

年末年始の新聞には旅行の広告が満載であった。「トルコ大周遊 10日間 燃油込み15万円」などと。トルコは近年経済成長が著しく、国民感情も親日的と聴く。そのトルコを訪れたのは2003年9月だから、もう10年も前のことになるけれど、可能なら再訪したいと考えている国の筆頭に上げられる。

2020年に開催されるオリンピックの開催会場を巡って、東京・イスタンブール・マドリードが誘致合戦を展開しているけれども、このことについて概要次のような意見が新聞にあった。

東京で開催されれば熱戦を間近で見ることができるし、経済的効果も大きく、震災復興にも役立つ。事実1964年の東京オリンピックは、戦後の復興に大きく寄与した。だからこそそうした恩恵をトルコの人びとに享受して欲しいと考える。東京での開催はその次でもいいではないか。

2020年の開催のころ、私はもうこの世にいないかもしれない。ましてやその次となれば、東京まで出かけることすら難儀となる年齢に達する。しかしここは、イスタンブールに譲るという投書の意見に賛成だ。

2013-01-13

自己診断

読者に「健康に悪そう」なものを選んでもらうアンケートの結果が、新聞に載っていた。上位から順に、たばこ・飲み過ぎ・運動不足・食べ過ぎ・寝不足と夜更かし・ストレス・偏食・無理なダイエット・飲んだ後の「締め」・早食いと続き、「健康にいい」と思ってやっていることのランキングでは、散歩・バランス良く食べる・禁煙・十分に水分を取る・節食、と続く。

自身に当てはめてみると、タバコは吸わない、お酒も飲まない、ほぼ毎日ウオーキングをしているから運動不足の心配もない筈、強いて言えばよく間食をするから食べ過ぎの項目に引っかかりそうだ。総体的に見れば、まず健康な生活をしていると思う。けれどもこれに慢心せず、ウオーキングと腹8分目を心掛けよう。正月に帰省した愚息と禁煙について話をしたが、最近は「禁煙」もトーンダウンの傾向にあり、一服しているように見えるといっていた。

2013-01-12

想定外

去年は世界各地で極端な異常気象が頻発した。ロシアでは観測史上2番目に暑い夏、アメリカでは干ばつや記録的な熱波、西アフリカやフィリピンでは洪水、中国での豪雨などなど。

今度は大寒波が襲ってきた。レバノンやイスラエルなど中東でも大きな被害が出ているようだし、札幌では元日から11日間ずーっと氷点下の気温で真冬日が続き、道北の歌登では4日連続で-30℃以下を記録した。JRの留萌駅~増毛駅間では除雪が間に合わず、3日から運休しているという。

気象庁によると、「1.今年はインドからインドネシアにかけての海で水温が高く雨雲ができやすく、この雨雲の影響で偏西風の流れがゆがみ、シベリアからの寒気が入りやすい。2.そこに北極で生まれた寒気の影響が重なった。」ためだそうだ。

2013-01-11

損得勘定

1998年に買った車、愛着はあるけれども大分くたびれてきたし、燃費が悪く1ℓで8km位しか走れない。免許証を返上するまでこの車に乗るか、買い替えるか悩ましいところだ。免許証は昨日更新して、これが最後の更新とすればあと3年だし、もう1度更新すれば、あと6年間をどうするかという判断になる。インターネットで普通車と軽の経費比較表を取り出し、自分なりに損得計算をしてみた。

計算の元となる条件の設定

  1. 今後6年間使用する
  2. 1年間の走行距離は4000km
  3. ガソリン・消耗品(オイル・タイヤ・バッテリー・その他)諸経費は、ガソリン1ℓ当たり160円/ℓ

               現在の車    新車(軽)      差

  • 自動車税      51000円   7200円
  • 重量税        25200    4400
  • 自賠責        16560   13980
  • 任意保険      60000    45000
  • 車検費用      36000    30000
  •  計        188760   100580    88180円
  • 燃費         8km/ℓ    16km/ℓ
  • 消費量        500ℓ     250ℓ
  • 単価             160円
  • 諸経費        80000    40000   40000円
  • 合計                          128180円
  • 6年間で                        約 77万円

約77万円の追金で、気に入った軽の新車が入手できるかどうかがカギとなる。

2013-01-10

運転免許証

今朝ラジオ体操を始めるため居間のカーテンを開けたら、これ以上細くはなれないといった風情の下弦の月が、向かいの家の屋根の上にあった。

免許証更新の期限が来たので警察に出かける。既に、高齢者に定められた運転講座を受けていたので、更新手続きは簡単に終わると予想していたが、予想以上に簡単で10分ぐらいで済み、拍子抜けの感じ。最近視力が落ちてきたので、眼鏡なしでパスするか心配であったけれども、眼鏡着用は免れた。

3年間大事にしなければ、これが最後の更新となるかもしれない。そこで、急ブレーキを踏まされてもカッーとすることなく、安全運転を第1に、健康にも注意して、再度の更新を心に誓いながら帰宅した。

2013-01-09

ゆらく

久しぶりに瀬戸谷の「ゆらく」に入る。とらは明日旧友と食事をするため上京する。大分前からしつこいほど何度も、待ち合わせの場所を電話で確認し合い、おのぼりさん振りを表明していた。そして、少しでも念入りに皺の補修をするには下準備が必要で、それには家の風呂では満足できず、「ゆらく」のような施設が適していると判断した結果、ゆらく行きが決定した。

ゆらくは相変わらず賑わっていた。30人位入っていたのではなかろうか。ゆらくに限らず温泉に行って気になることは、

  • 寒空の下露天風呂に入り、あるいは、サウナから出て直ぐに冷水に飛び込む人を見ると、心臓まひを起こさないかと他人ごとながら心配になる。
  • 寒さに弱い私は2枚の下着(内1枚はウールの厚ぼったいもの)の上にシャッツ、セーターといういでたち。このような重ね着に引け目を感じて、更衣室では目立たないように振舞っている。風呂からあがり下着をつけているとき、丁度隣で脱いでいる人がいたけれど、この人はズボンの下はパンツ1枚であった。
  • 昨日自分でバリカンを使い散髪をし坊主頭となった。ゆらくにいた約1時間の間に、坊主頭は自分を含め3人。やはり少数派だ。

2013-01-08

デコトラ

インターネットで「デコトラ」をキーワードに検索してみると、これがトラックなのかと疑うほどきらびやかに飾りつけたトラックの写真を見ることができる。

3年ほど前、パキスタンのイスラマバードからカラコルムハイウエーを通って、中国との国境にあるクンジュラブ峠を越え、カシュガルに抜けるツアーに参加することになっていた。しかし、ツアー出発1週間前になって、パキスタン内で起きた道路(カラコルムハイウエー)崩落事故で、このツアーは中止になってしまった。ツアーではこのデコトラを見るのも楽しみの一つであったから、中止は非常に残念に思えた。

昨年参加したタクラマカン砂漠縦断の旅では、カシュガルからカラクリ湖まで中国側のカラコルムハイウエーを往復した。期待していたけれどもこの旅でもデコトラには1台も会えなかった。道は通じているけれども、パキスタンから中国まで走るトラックは少ないのだろう。

デコトラの工場は、イスラマバードの北方アボタバードにあるという。パキスタン政府の発表では、国民1人当たりの平均年収は約1370ドル、対してデコトラを仕上げるための費用は1台5000ドル前後だそうだ。

2013-01-06

雪山

寒さが厳しくなると、ときどき岐阜県白鳥で過ごした当時のことを思い出す。約50年前、5年間暮らした町だ。当時紙パルプメーカーは、パルプの原料となる木材を全国各地から集めていた。当初はアカマツやクロマツなど針葉樹が主体であったけれども、次第に広葉樹も使われるようになってきたころである。

広葉樹の宝庫であった岐阜県に目をつけた先輩が、美濃白鳥に原木集荷の拠点となる事務所を設け、活動を開始して間もなく、独身であった私が駐在を命ぜられ赴任した。そしてその冬体験したのが38豪雪である。38豪雪は、当時地元の古老でさえ体験したことがないというほどのもので、その記録はいまでも破られていないのではなかろうか。

当時の冷え込みからすれば、今の冷え込みなど冷え込みの内に入らないものだが、連日の寒さは身にこたえる。

1301

名峰 白山を背に 雪山作業の現場で

2013-01-05

ユリカモメ

蓮華寺池公園を訪れるユリカモメの数が、年々減少しているのではないかと危惧しながらウオーキングを続けている。寒入りの今日、久しぶりに100羽近くが羽を休め、あるいは子供連れの家族から餌を貰って飛びまわっていた。この分なら、来年もきっと来てくれるに違いない。

Dscn6523

相変わらずゴシップの絶えないイタリアのベルルスコーニ氏、結婚生活が20年以上続き、3人の子供がいる、2人目の妻であったベロニカさんとの間で進められていた離婚協議で、ミラノ裁判所から1日当たり10万ユーロの生活費を支払うよう命じられた。

76歳の氏が日本流に米寿まで生き、支払い続けるとすると、12年間で約4億3800万ユーロ支払うことになる。1ユーロ115円とすれば、約500億円だ。

2013-01-04

心配ごと

厳しい寒さだ。畑にある水槽には1cm以上の厚さの氷が張った。今年も各地の冬山で遭難事故が発生している。自宅を出るときは、自分が遭難することなど絶対にないと自信を持って出かけるのだろうけれども。あるいは、事故のことなど当初から頭にはないのだろう。

今年も山形に住む愚息が帰省し、ろくに話もしないまま1泊して、翌朝突風の如く戻って行った。冬山事故を引き合いに、安全運転をするよう忠告しても、本人は毎日運転しているし、今日は少し長距離を運転するだけ位に考えている。交通事故など眼中にはなく、安全運転をしている積りだろうが、こちらは渋滞情報などを聴くにつけ、無事帰着しただろうかと不安がよぎり、休まる間もない。こんなことなら、いっそ帰省してもらわない方が気楽なようにも思ったりする。

2013-01-03

財政の崖

円が1ドル87円まで値下がりし、アメリカのダウ平均株価は300ドル以上値上がりした。アメリカで、減税の期限切れと政府支出の強制削減が同時に訪れた「財政の崖」が、期限ぎりぎりに回避されたことを受けての動きである。

これで全てが解決したわけではなく、政府支出の強制削減は2ヶ月間延期されただけで、2ヶ月後再び崖に落ち込む危険が残っている。世界経済に大きな影響を持つアメリカの動きから、目を離すことはできない。

上院と下院がねじれているアメリカでは、与党民主は「税収増が不十分」と主張し、野党共和党は「財政の支出削減が少ない」強い不満を持つからだ。

2013-01-02

神頼み

岡出山図書館は年末年始で休館だけれど、昨日も今日も駐車場に出入りする車は絶えない。飽波神社に初詣でに来た人たちの車だ。車は例年より多いように見える。不景気を映して神頼みの人が多いのかもしれない。

最近宝くじは買わなくなったので、その方の神頼みは必要なくなったけれど、ねずみもとらも、健康については神様に御加護をお願いする気持ちが強くなってきていて、初詣を済ませた。しかし、何よりも大切なことは継続することと心得、昨日も今日も池を巡り、日課は○。もっとも、とらは最近さぼり癖がつき、ウオーキングに出られない理由を何かと探している。

2013-01-01

年賀状

朝早いうちに年賀状が届けられた。例年同様、会社の大先輩からの年賀状もその中に入っていた。はがきには『年賀状の作成が負担に感じる年齢になってしまいました。誠に恐縮に存じますが、年賀状御挨拶は本年限りで打切る事をお許し下さい。』と印刷されていた。私も何年か後に、このような文を考えなければならない時がくるだろうと思いながら読んだ。そして、失礼でなければ、こちらからは、以降も消息をお知らせしたいと思っている。

郵便番号や住所、宛先の姓の部分は、自筆で正しく書かれているけれども、名の部分はねずみの名でもとらの名でもなく、郷里の兄夫妻の名が記されたはがきも混じっていた。こんなはがきがよく配達されたものだと思いつつ、筆跡から、はがきの主は直ぐに解った。そして、とらと共に苦笑を抑えることができなかった。旧年の年末に近いころ、このはがきの主に電話をした折には、しっかり話をしたのに。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ