« トラブル続きの受信メール | トップページ | ダニ »

2013-05-12

南アルプス

富士山が世界遺産に登録されることが決まったのに続いて、静岡・山梨・長野の3県は、南アルプス国立公園を中心とした南北約110km、東西約60kmの南アルプスを、世界自然遺産として登録することを目指しているという。

南アルプスは3000m級の山々が連なり、世界で最も南に生息するライチョウや固有種キタダケソウなど、希少な動植物が存在する。南アルプスの多くの部分はかつて勤務していた東海パルプ(現在は特殊東海製紙)の所有地である。そもそも東海パルプは、この山の木材を有効利用することを主目的に設立された会社で、1980年ごろまではこの山から材木を伐り出し、各種用途に使用していた。

木材の需給状況が大きく変化し、いまでは木材の伐り出しは行われていない。私も何度かこの山を訪れているけれど、世界自然遺産に登録されれば、この山も観光事業など別の活用法が生まれてくるだろう。期待している。

« トラブル続きの受信メール | トップページ | ダニ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アルプス:

« トラブル続きの受信メール | トップページ | ダニ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ