2018-09-09

ブランク

2年間 ブログをブランクにしていた間に、世の中にはいろんな変化があった。
アメリカでトランプ政権が誕生、囲碁や将棋ソフトが名人に勝ち、自動車の自動運転テストが始まり、地球の温暖化が進んで予想外の気象現象が起きたりしている。
このようなグローバルな事項は横に置き、身近なところでは、孫が二人増え、体力が目立って衰え、妻は耳が遠くなり、除草が間に合わなくなって庭の雑草が目立って増え、パソコンクラブのメンバーは大きく変わった。
体力の衰えは如何ともしがたく、体力維持のため続けてきたラジオ体操や、日課としてきたウオーキングそのものも続けるのが困難な状況である。
「今年の夏は特に暑かったために」と言い訳をしても始まらない。せめて認知症予防のためにブログを再開したいと考えたところである。

2018-09-08

08-12 (Sun.) cloudy and showers

My grandson and his dad coming to my house tonight. My wife was injured by kitchen knife when cooking their dishes, and said that my injury is because the knife does not cut well. And it because you didn't do grind the knife.

I'm sorry. But if the knife is sharp her fingers damage will more deep I think.

Tonight main is Tempura, so the preparation that cutting of vegetable or other materials was my job.

I cleaned the bathroom, it's unusual. If they come frequently the bathroom is always clean perhaps I think. They are going to stay two nights.

He is the 2nd in high school. I worry about him, because he using computer long time for net surfing or game but he don't study school subjects. And he said that I finished homework of summer vacation already.

We had talking long time about his future. And I convinced that he decide to work on the computer's job in his future. Maybe he go to a computer vocational school, I think.

So now we hope that he success to an engineer of computer.

2015-08-30

発言

中国で不動産バブルがはじけ、世界の株式市場が大きく乱高下しているとき、来月、中国の習国家主席がアメリカを訪問し、アメリカは国賓として待遇する。
一方アメリカでは来年大統領選挙が予定され、共和党では多数の候補者が名乗りをあげて乱立状態となっている。中で富豪として知られ特異な発言で人気を集めるトランプ氏は、習氏の訪米について次のように話しているという。
「アメリカは彼のために公式晩餐会を開くそうだ。彼がしてきたことは、我々の職や金を奪うことだ。私なら晩餐会は開かない。彼にマクドナルドのハンバーガーをくれてやる」
こうした歯に衣を着せぬ言動が、人気をNo.1に押し上げている。

2015-05-20

タブレット

以前から欲しいと思っていたタブレットがようやく手に入った。もちろんスマホなどとセットで買い、何処ででも利用できるようにすることが理想なのだけれど、そこまでは財務省の許可がおりない。当分の間はWi-fiが接続できる場所だけでしか使えない。
接続設定などの操作を何度 も繰返し、ようやく投稿なども出来るようになった。写真は昨日蓮華寺池公園のクオーク中に、当タブレットで撮影したもの。

2013-05-17

お願い

15日(水曜日)、新しい家に引っ越しました。住所は下記のとおりです。新しい家にもぜひ訪ねてきてください。そして「お気に入り」に再登録してください。

  新住所: http://shinozaki-hi.cocolog-nifty.com/nezumitotora/

2013-05-14

母親

今日の天声人語は「母さん助けて詐欺」について。「母親はもったいないがだましよい」と、江戸川柳にあるという。江戸時代の母親もだまされやすかったということだろう。

交通事故に遭って顔中を包帯で巻いた息子を、母親は5か月間も看病した。そして包帯が取れるとそれは赤の他人で、この偽物は音信不通だった息子の免許証を持っていたという。これは40年前の出来事だそうだけれど、私は記憶にない。

“『母という字を書いてごらんなさい やさしいように見えて むずかしい字です 恰好のとれない字です やせすぎたり 太りすぎたり ゆがんだり 泣きくずれたり・・・・・』サトウハチロー。詐欺師たちよ、まっさらな紙に、母という字を書いてみるがいい。”

そしてこんなふうに結んでいる。

2013-05-12

南アルプス

富士山が世界遺産に登録されることが決まったのに続いて、静岡・山梨・長野の3県は、南アルプス国立公園を中心とした南北約110km、東西約60kmの南アルプスを、世界自然遺産として登録することを目指しているという。

南アルプスは3000m級の山々が連なり、世界で最も南に生息するライチョウや固有種キタダケソウなど、希少な動植物が存在する。南アルプスの多くの部分はかつて勤務していた東海パルプ(現在は特殊東海製紙)の所有地である。そもそも東海パルプは、この山の木材を有効利用することを主目的に設立された会社で、1980年ごろまではこの山から材木を伐り出し、各種用途に使用していた。

木材の需給状況が大きく変化し、いまでは木材の伐り出しは行われていない。私も何度かこの山を訪れているけれど、世界自然遺産に登録されれば、この山も観光事業など別の活用法が生まれてくるだろう。期待している。

2013-05-10

トラブル続きの受信メール

パソコンを買い替えて約50日が過ぎた。この間、送信メールは間違いなく相手のパソコンに届いているものの、受信メールが行方不明になっていることが判明、プロバイダーのアドバイスを受けて対処した結果、そのトラブルは解消したものと思っていた。しかし最近またまた行方不明の受信メールがあることが判明した。そこで不明になったメールの送信元宅を訪れ、送信したパソコンを確認すると、パソコンの送信済みトレーには送信記録が残っている。つまり先の対処ではトラブルが解消していなかったことになる。

プロバイダーに再度電話して、担当者の指示に従いパソコン内部のメールに関する各種設定を再確認した後、テストメールの送受信、更にはそのテストメールに対する返信の送受信テストを行い、正しく送受信できていることが確認できた。

担当者からは「あなたのパソコンは正しく設定され、メールの送受信に何ら問題はありません」との説明に続き、「対応としては、パソコンが変わり、メールソフトも変わった関係で、相手方パソコンのアドレス帳に登録されているあなたのアドレスをいったん削除、改めて再登録してもらうようお願いしてください」とのアドバイスがあった。改めて関係の皆さんにアドレスの再登録をお願いしたいと思っている。

2013-05-09

労教日記

中国には2012年末現在、全国351カ所に「労働教養施設」があり、約5万人が収容されているという。この施設は中国独特の制度である「労働教養制度」に基づくもの。警察が裁判などの司法手続きを経ずに実質的な懲役刑を科すもので、麻薬常習犯や売春容疑者などのほか、政府に批判的な言動をする市民を隔離するため等に乱用されてきた。

高速道路の拡張工事のため農地を取り上げられ、地元政府への直訴を繰り返した末、警察に捕まった1女性が、施設内で係官の目を盗み施設内の実態を書き綴った日記がある。この女性は施設内で縫製の労働に従事し、作業で余った布に、模範入所者からボールペンの芯だけをもらい書き続けたという。そして、満期で出所する仲間に頼み、女性ならではの手段で厳しい身体検査をかいくぐり、その布きれを施設から持ち出してもらった。

そして明るみに出たこの「労教日記」が雑誌「視覚」の4月号に掲載され、中国国内で大きな反響を呼んでいるということである。しかし同誌の5月号は当局の調査を受け、発売が延期されている。

2013-05-08

ドラキュラ

1897年に出版されて以来世界中でベストセラーとなり、幾度となく映画化もされたホラー小説『吸血鬼 ドラキュラ』は、アイルランド出身の作家ブラム・ストーカーの作である。そしてその主人公は、1431年ごろルーマニアのトランシルヴァニア地方に生まれ、ワラキア公の座に就いたヴラッド・ツェペシュ公がモデルとなった。つまり、ストーカーは400年以上も前の事実を丹念に調べ、物語「ドラキュラ」に仕上げたことになる。

ヴラッドは1462年、ワラキアに進軍してきたオスマン・トルコのメフメト二世を撃退し、その存在が広くヨーロッパに知れ渡った。しかし、英雄としての功績よりも、冷酷無比な人間性が悪評となった。残虐極まりない方法で捕虜などを拷問・処刑したこと、また、敵味方や身分に関係なく、串刺しなどありとあらゆる方法で数えきれない老若男女を処刑したといわれる。

そんな彼も1476年、勢力争いの中で殺され、コンスタンティノーブルまで運ばれた首は、メフメト二世によって杭に突き刺され、晒し者にされたということである。

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ